痛みの原因

腰痛の女性(イメージ)

四足歩行の時代に「梁(はり)」だった背骨は、生物進化の過程で二足歩行となり、背骨は「柱(はしら)」として使われるようになりました。

結果、下からの突き上げ、そして上からの圧により骨盤の仙腸関節は変位することとなります。

骨盤と背骨は家で言う所の「土台」と「柱」の関係です。「土台」である骨盤が歪むと「柱」である背骨は当然歪むことになります。
これが「腰痛」「肩こり」等の一番の原因となってしまいました。

 

病気のメカニズム

人は多くの場合、下図のように症状をつくっていきます。

病気のメカニズム

 

骨盤と背骨の歪みによる病気との関係

骨盤と背骨の歪みによる病気との関係

 

歪んだ背骨は、たくさんの病気の原因になっています!!!

大脳の中枢神経は背骨の脊髄内を通っていて、この脊髄神経が各抹消神経まで、つまり身体のすみずみまでコントロールする役目を果たしています。
この重要な背骨がズレや彎曲などのゆがみを起こすと各神経系統の調整が不正常となり、各臓器の賦活作用が十分に行われなくなる為、悪い症状となってあらわれます。
この病根である背骨を正常に戻すことが総ての病気を治す決め手であると言えます。

慢性的な体の痛みに悩んでいませんか?仕事上の同じ動き、普段の悪い姿勢、老化によるもの等、人は生活の中で悪癖をつくります。当院では様々な検査法により骨盤のバランスを見て整え、お客様の症状の軽減を目指します。